東京で工場の求人を探す方法について

東京で工場の求人を探す場合、大きく分けて2つの方法があります。1つは、現在住んでいる自宅もしくは賃貸マンションなどを拠点にして仕事を探す方法です。この場合、自宅からの通勤時間については必ず考えなくてはなりません。好条件の仕事を見つけても通勤時間が片道で1時間以上かかるなら諦めなければならないでしょう。もう1つは勤務地の近くに引っ越しをするという方法です。工場の求人は基本的に短期の契約となっているので、そのためだけに引っ越しをするというのは割に合いません。しかし、会社が用意している寮に入って働くのであれば、敷金や礼金などの初期費用はかからないので、デメリットをかなり減らすことができます。寮に入って働く場合には、通勤時間を気にする必要はないので、選択肢が大きく広がるでしょう。

寮に入って働く場合の注意点は?

日本には数多くの種類の製造業があり、それぞれの特徴を持った工場の求人も沢山あります。日本の製造業の中心である自動車製品を製造するものや精密機械部品、食品加工関係や印刷関係などその種類も多岐にわたります。また、働き方にも様々な方法があります。正職員や契約社員だけでなく、製造業は専門の派遣会社も多数存在しています。あるいは企業が直接募集している期間工の仕事は待遇面が良いことでも有名で人気があります。ラインの稼働が24時間体制であれば、夜勤の業務が含まれる場合もあります。慣れるまで身体が辛いこともありますが、その分給料は好条件である魅力もあります。このようにどのような工場で働くかによってもその作業内容は変わります。体力が必要な現場なのか、手先の器用さが求められるのか、働く時間帯は如何するのか、待遇面は何を望むのかによっても探す求人は変わっていきますが、募集自体が多い業界のため自分の求める希望の優先順位を明確にして探すことでマッチしたものを見つけやすくなります。

十分な給料がもらえないケースもある?

コンビニのアルバイトなどに比べると時給は高めに設定されている傾向があるので、基本的には生活に困るということはないでしょう。自動車メーカーの求人などは特に条件がよく、時給が1500円以上、寮費・水道光熱費無料、入社祝金や満了金も支給されるというお仕事もあります。東京では遊ぶところがたくさんあるので、贅沢な暮らしをしているといくら高い給料をもらってもあっという間になくなってしまうということには注意をしておきましょう。基本的には十分な給料がもらえるはずですが、思っていたよりももらえないということもあるようです。求人に「月に20時間程度の残業有り」と書かれていたのに、全く残業がなかったというケースでは、給料はかなり減ってしまうでしょう。残業は必ずあるというわけではないので、給料が予想よりも減る可能性があるということを理解して、生活費の計算をしておきましょう。